2014年 のアーカイブ

L.マクレイノルズ著/高橋一彦・他訳『〈遊ぶ〉ロシア』が、「週刊読書人」(2015年1月2日号/貝澤哉氏・評)にて紹介されました。

「週刊読書人」(2014年12月19日号/2014年回顧 収穫動向)にて、小局の今年の新刊が多数紹介されました。

■D.リヴィングストン著/梶雅範・山田俊弘訳『科学の地理学』……横山輝雄氏・評

■大辻都著『渡りの文学』……塚本昌則氏・評

■M.ハワード著/馬場優訳『第一次世界大戦』……髙木勇夫氏・評

■石井一也著『身の丈の経済論』……関智英氏・評

M.ハワード著/馬場優訳『第一次世界大戦』が、「読売新聞」(2014年12月21日付、今年の3冊/田所昌幸氏・評)にて紹介されました。

L.マクレイノルズ著/高橋一彦・他訳『〈遊ぶ〉ロシア』が、「出版ニュース」(2014年12月下旬号)にて紹介されました。

毎年恒例の〈書物復権〉共同復刊のリクエスト投票が開始されました。第19回目となる2015年は、新たに青土社が参加し、10社140点157冊の充実した復刊候補をそろえることができました。 (さらに…)

M.カリーゼ著/村上信一郎訳『政党支配の終焉』が、「週刊エコノミスト」(2014年12月23日特大号/「東奔政走」文・山田孝男氏)にて紹介されました。

J.ハーバーマス著/庄司信・他訳『自然主義と宗教の間』が、「週刊読書人」(2014年12月12日号、40人へのアンケート〈2014年の収穫〉/江川純一氏・評)にて紹介されました。

赤司英一郎著『思考のトルソー・文学でしか語られないもの』が、「週刊読書人」(2014年12月12日号)にて紹介されました。

図書新聞」(2014年12月20日号)の2014年下半期読書アンケートにて、小局の書籍が多数紹介されました。

■大原社会問題研究所編『大原社会問題所研究雑誌』第666号・673号……道場親信氏・評

■J.ハーバーマス著/庄司信・他訳『自然主義と宗教の間』……細見和之氏・評

■D.リヴィングストン著/梶雅範・山田俊弘訳『科学の地理学』……坂野徹氏・評

■F.グロ著/澤田直・黒川学訳『創造と狂気』……小倉孝誠氏・評

■C.ベンティーン著/田邊玲子訳『皮膚』……中村邦生氏・評

■大辻都著『渡りの文学』……澤田直氏・評

J.アタリ著/山内昶訳『所有の歴史』が、「日経産業新聞」(2014年12月12日付/水野和夫氏・評)にて紹介されました。

法政大学

鄭栄桓著『朝鮮独立への隘路』が、「同時代史研究」(第7号、2014年12月/小林知子氏・評)にて紹介されました。

一般社団法人 大学出版部協会

人文会

書物復権2017

M.カリーゼ著/村上信一郎訳『政党支配の終焉』が、「毎日新聞」(2014年12月8日付/「風知草」文・山田孝男氏)にて紹介されました。