叢書・ウニベルシタス 707
われわれと他者 〈新装版〉
フランス思想における他者像

四六判 / 658ページ / 上製 / 定価:6,800円 + 税 
ISBN978-4-588-14002-0 C1312 [2015年02月 刊行]

内容紹介

モンテスキュー、モンテーニュ、ルソーからレヴィ=ストロースにいたるフランスの思想家や作家たちは、人種や民族の問題をどのように捉えてきたか──彼らとの対話を通してその思想的系譜を仔細に検討し、人種差別や外国人排斥という近代の病理の淵源を探りつつ、現代世界に生きる人間の倫理を問う。

著訳者プロフィール

T.トドロフ(トドロフ ツヴェタン)

(Tzvetan Todorov)
1939年、ブルガリアに生まれる。1973年、フランスに帰化。ロラン・バルトの指導のもとに『小説の記号学』(67)を著して構造主義的文学批評の先駆をなす。『象徴の理論』(77)、『象徴表現と解釈』(78)、『言説の諸ジャンル』(78)、『批評の批評』(84)で文学の記号学的研究をすすめるかたわら、『他者の記号学──アメリカ大陸の征服』(82)以後、記号学的見地から〈他者〉の問題に関心を深め、『ミハイル・バフチン──対話の原理』(81)、『アステカ帝国滅亡記──インディオによる物語』(83)、『はかない幸福─ルソー』(85)、『われわれと他者』(89)、『極限に面して』(91)、『歴史のモラル』(91)、『フランスの悲劇』(94)、『共同生活』(95)、『異郷に生きる者』(96)、『未完の菜園』(98)、『悪の記憶・善の誘惑』(2000)、『越境者の思想』(02)、『イラク戦争と明日の世界』(03)、『絶対の冒険者たち』『啓蒙の精神』(06)などを刊行している。91年、『歴史のモラル』でルソー賞を受賞。

小野 潮(オノ ウシオ)

1955年宮城県に生まれる。東北大学大学院博士課程単位取得修了。中央大学文学部教授。19世紀フランス文学専攻。著書に『〈来るべき〉民主主義』(共著)、『グローバル化と文化の横断』(共著)など、訳書にL.フェリー/A.ルノー『68年の思想──現代の反 ?人間主義への批判』『68年? 86年 個人の道程』、トドロフ『バンジャマン・コンスタン』『越境者の思想』『異郷に生きる者』『文学が脅かされている』『ゴヤ 啓蒙の光の影で』、G.ティヨン『ジェルメーヌ・ティヨン』などがある。

江口 修(エグチ オサム)

1950年広島県に生まれる。東北大学大学院博士課程単位取得終了。現在小樽商科大学言語センター特任教授。16世紀フランス文学専攻。訳書にC.ベーネ/G.ドゥルーズ『重合』、M.ヤグェーロ『言語の夢想者』(共訳)、Th.パヴェル『ペルシャの鏡』、J.ドリュモー『罪と恐れ』(共訳)などがある。

※上記内容は本書刊行時のものです。

目次

 序

第一章 普遍と相対
 自民族中心主義
 科学主義
 モンテーニュ
 相対主義の展開
 レヴィ=ストロース

第二章 人種
 人種と人種差別
 ゴビノー
 ルナン
 人種理論の道

第三章 国民
 国民とナショナリズム
 トクヴィル
 ミシュレ
 ルナンとバレス
 ペギー
 ナショナリズムがもたらしたもの

第四章 異国的なもの
 他者の正しい使用法
 シャトーブリアン
 ロチ
 セガレン
 近代の旅行者たち

第五章 中庸(モデラシオン)
 『ペルシャ人の手紙』
 『法の精神』
 穏やかな人間主義

 訳者あとがき
 人名索引
 参考文献