叢書・ウニベルシタス 128
カント 〈新装版〉
その生涯と思想

四六判 / 450ページ / 上製 / 定価:4,500円 + 税 
ISBN978-4-588-14008-2 C1310 [2015年04月 刊行]

内容紹介

カントが生涯を過ごしたケーニヒスベルクを中心に、その思想形成における歴史的・地理的環境を克明にたどりなおすとともに、同時代人の証言を総合して大思想家の全体像を探る。ヘルダー、フィヒテ、ゲーテ、トルストイ、ドストエフスキー等との知られざる交流をも描く古典的伝記。

著訳者プロフィール

アルセニイ・グリガ(グリガ,A.)

(Arsenij Gulyga)
1921–1996年。哲学博士。ソ連科学アカデミー哲学研究所員。作家同盟会員。主要著書:『ドイツ唯物論史から』(1962)、『ヘルダー』(1963)、『ヘーゲル』(1970)、『歴史の美学』(1974)、『歴史の芸術』(1980)。

西牟田 久雄(ニシムタ ヒサオ)

1922–2010年。東京教育大学文学部哲学科卒業。元東京電機大学教授。主要訳書:プレハーノフ『歴史における個人の役割』、ソ連科学アカデミー哲学研究所編『社会主義と個人』、マクレラン『マルクス主義以前のマルクス』。専攻:ロシア思想史。

浜田 義文(ハマダ ヨシフミ)

1922–2004年。東京大学法学部政治学科卒業。東京大学文学部倫理学科卒業。法政大学名誉教授。主要著訳書:『若きカントの思想形成』、『カント倫理学の成立』、『カント哲学の諸相』。訳書:マックス・シェーラー『羞恥と羞恥心』(シェーラー著作集第15巻)、H.アーレント『カント政治哲学の講義』(監訳)、R.ベイナー『政治的判断力』(監訳)、専攻:西洋近世哲学。

※上記内容は本書刊行時のものです。

目次

凡例
日本語版序文
著者略歴

 まえがき

第一章 啓蒙主義の果実

第二章 「私は人間を尊敬することを学ぶ」

第三章 理性の自己批判

第四章 人格性の理念

第五章 真・善・美

第六章 希望としての信仰および愛

第七章 永遠平和のために

 結語に代えて

 注

 〈付録〉タントゥ・カンティアーナの運命について
     (ストロヴィッチ/西牟田久雄訳)

 カントとリガ市周辺──解説にかえて(浜田義文)

 訳者あとがき
 人名索引
 年譜

関連書籍

『カントの航跡のなかで』
トム・ロックモア:著
『カント入門講義 〈新装版〉』
ハンス・ミヒャエル・バウムガルトナー:著
『カント哲学の諸相』
浜田 義文:著