叢書・ウニベルシタス 323
五感〈新装版〉
混合体の哲学

四六判 / 584ページ / 上製 / 定価:6,200円 + 税 
ISBN978-4-588-14039-6 C1310 [2017年02月 刊行]

内容紹介

1985年メディシス賞受賞 言語中心主義によって葬り去られた人間の感覚世界の復権とその全面的開花への展望を語り、原初の活力にあふれた文明の再生をめざす。

著訳者プロフィール

ミッシェル・セール(セール ミッシェル)

(Michel Serres)
1930年フランス南西部のアジャンに生まれる。海軍兵学校、高等師範学校を卒業。数学、文学、哲学の学位を取得。58年からクレルモン゠フェランの文学部で教鞭をとり、ライプニッツ研究で文学博士となる。69年からパリ第1大学教授として科学史講座を担当。数学、物理学、生物学の研究に加え人類学、宗教学、文学などの人間諸科学に通暁する百科全書的哲学者としてフランス思想界の重要な一翼を担い、科学的認識と詩学を統一的な視野に収め、西欧的思想の限界に挑む。90年からアカデミー・フランセーズ会員。邦訳された著書に、『火、そして霧の中の信号――ゾラ』、『青春――ジュール・ヴェルヌ論』、『天使の伝説――現代の神話』、『ローマ――定礎の書』、『小枝とフォーマット――更新と再生の思想』、『白熱するもの――宇宙の中の人間』、『カルパッチョ――美学的探究』、『世界戦争』(以上、法政大学出版局)など多数。

米山 親能(ヨネヤマ チカヨシ)

1944年生まれ。東北大学大学院修士課程修了。東北大学名誉教授。フランス文学・フランス思想専攻。訳書に、ミッシェル・セール『パラジット――寄食者の論理』(共訳)、『彫像――定礎の書』、『自然契約』(共訳)、『哲学を讃えて――フランス語で書いた思想家たち』(共訳)、『アトラス――現代世界における知の地図帳』(共訳)、『人類再生――ヒト進化の未来像』、コルネリュウス・カストリアディス『人間の領域』(共訳)、ジャン゠ピエール・デュピュイ『犠牲と羨望――自由主義社会における正義の問題』(共訳)(以上、法政大学出版局)などがある。

※上記内容は本書刊行時のものです。

目次

ヴェール
 誕 生/入 墨/画布、ヴェール、皮膚/ヘルメスと孔雀/繊細さ/変 化(ヴァリアシオン)/シベリアリスの毛皮/霧/共通感覚/混合、ヴェールを剝がすこと

ボックス
 エピダウロスでの治癒/三つの可聴音域/ソフトとハード/通 路(パサージュ)/細 胞

テーブル
 動物精気(エスプリ・アニモー)/思い出(メモワール)/石 像/死/誕 生

探 訪
 (村々の(ロカル))風景/(全面的に(グローヴァル))異郷にあること(デペイズマン)/方法と遊歩道(ランドネ)/(全体的なもの(グローヴァル)と局在的なもの(ロカル))/状 況/混合した場所

歓 喜
 ステンドグラス/フランスでの治癒/署 名


訳者あとがき
人名索引

関連書籍

『世界戦争』
ミッシェル・セール:著
『人類再生』
ミッシェル・セール:著
『アトラス』
ミッシェル・セール:著
『パラジット』
ミッシェル・セール:著
『自然契約』
ミッシェル・セール:著