『諸国民の風俗と精神について』序論歴史哲学 〈オンデマンド版〉

歴史哲学 〈オンデマンド版〉
『諸国民の風俗と精神について』序論

第26回日本翻訳出版文化賞受賞
A5判 / 466ページ / オンデマンド / 定価:12,000円 + 税 
ISBN978-4-588-92048-6 C3010 [2011年05月 刊行]

内容紹介

第26回日本翻訳出版文化賞受賞 ピエール・ベールの精神を承け,カトリックの道徳的・歴史的・学問的立場を論駁,18世紀フランス思想に絶大なる影響を与えた大著。

安斎 和雄(アンザイ カズオ)

1928年生まれ。早稲田大学大学院博士課程退学。西洋思想史専攻。早稲田大学文学部教授。

※上記内容は本書刊行時のものです。

目次

 凡例

『歴史哲学』解題 ジョン・ヘンリー・ブラムフィット

歴史哲学──『諸国民の風俗と精神について』序論

1地球上の諸変化
2さまざまな人種
3諸民族の古さ
4霊魂についての認識
5原初の人びとの宗教
6古代のほとんどすべての民族に共通する慣習と感情
7未開人
8アメリカ
9神政政治
10カルデア人
11ペルシア人になったバビロニア人
12シリア
13フェニキア人とサンコニアトン
14スキタイ人とゴメル人
15アラビア
16ブラム、アブラム、アブラハム
17インド
18中国
19エジプト
20エジプト人の言葉と象徴
21エジプト人の大建造物
22エジプト人の儀式、および割礼
23エジプト人の秘儀
24ギリシア人、その古代の大洪水、そのアルファベット、およびその天稟
25ギリシアの立法家たち、ミノス、オルフェウス、霊魂の不滅
26ギリシア人の諸派
27ザレウコスおよびその他数人の立法者
28バッカス
29オウィディウスが集めたギリシア人の変身物語
30偶像崇拝
31神託
32ギリシア人のもとでの巫女と他民族へのその影響
33奇蹟
34神殿
35魔法
36人身御供
37ケレス=エレウシヌス(エレウシスのデメテル)の秘儀
38存在を知られ始めた頃のユダヤ人
39エジプトにおけるユダヤ人
40単に一民族の長として見られたモーセ
41モーセ以後、サウルに至るまでのユダヤ人
42サウル以後のユダヤ人
43ユダヤの預言者たち
44ユダヤ人の祈禱
45ユダヤ史家、ヨセフス
46アレクサンドロスとユダヤ人に関する、フラウィウス・ヨセフスの虚言
47聖書の著者が御丁寧にも採用して下さった民間伝承(一般的偏見)
48古代諸民族およびユダヤ人における天使・神霊・悪魔
49ユダヤ人が他の諸民族を教育したのか、それとも他の諸民族がユダヤ人を教育したのか
50ローマ人。彼らの帝国と宗教のはじまり、彼らの寛容
51ローマ人の征服と衰退に関する諸問題
52歴史を書いた最初の諸民族と最初期の歴史家たちが書いた作り話
53神の名において語った立法者たち

ヴァリアント(抄)

 訳者あとがき
 索引