叢書・ウニベルシタス 117
記号の経済学批判

四六判 / 304ページ / 上製 / 定価:3,300円 + 税 
ISBN978-4-588-00117-8(4-588-00117-5) C1336 [1982年12月 刊行]

内容紹介

《記号としての物》の理論を展開させ,現代消費社会の構造を分析し批判した著者の思考の集成。その後の追究テーマ=象徴交換の理論へと発展するプロセスをも示す。