叢書・ウニベルシタス 554
反動のレトリック
逆転・無益・危険性

四六判 / 250ページ / 上製 / 定価:2,800円 + 税 
ISBN978-4-588-00554-1(4-588-00554-5) C1330 [1997年04月 刊行]

内容紹介

進歩対保守という対立構図の中で様々な改革に対してなされてきた反対の論拠を三つの基本的なテーゼに分類し,そのレトリックの同型性と党派的思考の不毛性を暴く。

書評掲載

月刊「みすず」(2015年1・2月合併号、読書アンケート特集/市村弘正氏・評)に紹介されました。