叢書・ウニベルシタス 772
哲学の余白 下

四六判 / 378ページ / 上製 / 定価:3,800円 + 税 
ISBN978-4-588-00772-9 C1310 [2008年02月 刊行]

内容紹介

〈差延〉や〈脱構築〉の基本概念が明らかにされるデリダ1970年代の重要なテキストの完訳。下巻には、フッサールを論じた「形式と〈言わんとする作用〉」、バンヴェニストの言語学「繋辞の代補」、リクールとの論争を招いた「白い神話」、ヴァレリー論「痛み、源泉」、オースティンの言語行為論をめぐって〈デリダ=サール論争〉を巻き起こした「署名 出来事 コンテクスト」の5論考を収める。