叢書・ウニベルシタス 876
リヴァイアサン序説

四六判 / 268ページ / 上製 / 定価:2,700円 + 税 
ISBN978-4-588-00876-4(4-588-00876-5) C3310 [2004年12月 刊行]

内容紹介

政治における合理主義の呵責なき批判で知られる稀代の保守主義者が残した唯一の政治思想史モノグラフ。17世紀の哲学者ホッブズへの熱烈なオマージュは、刊行以来いまも賛否を呼び続けている。オークショットの「公民的結社」の理論は、そのユニークな『リヴァイアサン』解釈に由来することが本書より明らかとなる。表題の他「レオ・シュトラウス博士のホッブズ論」など3編と詳細な「解説」を所収。