韓国の学術と文化 27
朝鮮後期漂流民と日朝関係

A5判 / 338ページ / 上製 / 定価:4,500円 + 税 
ISBN978-4-588-08027-2 C3322 [2008年02月 刊行]

内容紹介

膨大な対馬藩政史料を読み解き、近世日朝間に生じた漂流問題の実態、漂流民送還を実務的に担った対馬藩と朝鮮・東莱府役人との外交折衝の最前線を実証的に追究する。沿岸地域住民の誰もがなりうる漂流を分析の対象とし、日常的な日朝の交流、民衆レベルでの日朝関係が外交交渉をいかに動かし、また後者が前者をどう規定するかを見据えた、近世日朝関係史の新生面を切り開く労作。