叢書・ウニベルシタス 651
法の力 〈新装版〉

四六判 / 230ページ / 上製 / 定価:2,800円 + 税 
ISBN978-4-588-09939-7 C1310 [2011年04月 刊行]

内容紹介

デリダの「政治哲学」。「脱構築は正義である」の宣言のもとで、法/権利を越えた正義の観点からナチスによる「最終解決」に極まる法の暴力を批判。またハイデガーやベンヤミンの「破壊」のもつ問題点を抉り出し、それらと脱構築との差異を明確に論じたデリダ近年の主著。

著訳者プロフィール

ジャック・デリダ(デリダ,J.)

1930-2004年。アルジェリア生まれのユダヤ系哲学者。パリのエコール・ノルマル・シュペリウールで哲学を専攻。同校の哲学教授を経て、社会科学高等研究院教授をつとめる。ロゴス中心主義の脱構築を提唱し、構造主義以降の人文社会科学の広範な領域──文学・芸術理論、言語論、政治・法哲学、歴史学、建築論ほか──に多大な影響をもたらした。1983年にフランス政府派遣の文化使節として来日、その時の記録が『他者の言語──デリダの日本講演』(法政大学出版局)として刊行されている。本書のほかに、『エクリチュールと差異・上下』、『絵画における真理・上下』、『ユリシーズ グラモフォン』、『有限責任会社』、『哲学の余白・上下』、『シニェポンジュ』、『アーカイヴの病』(以上、法政大学出版局)、『声と現象』(理想社)、『グラマトロジーについて・上下』(現代思潮新社)、『ポジシオン』(青土社)、『他の岬』(みすず書房)、『アポリア』(人文書院)など多くが邦訳されている。

堅田 研一(カタダ ケンイチ)

1962年生まれる。早稲田大学大学院法学研究科博士課程(法哲学)満期退学。現在、愛知学院大学法学部教授。著書:『法・政治・倫理』(成文堂)、『法の脱構築と人間の社会性』(御茶の水書房)。訳書:コジェーヴ『法の現象学』、バリバール『真理の場所/真理の名前』(ともに共訳、法政大学出版局)、ドゥブー『フーリエのユートピア』(共訳、平凡社)。

※上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はしがき

第一部
正義への権利について/法(=権利)から正義ヘ

第二部
ベンヤミンの個人名

追記

脱構築と正義――訳者解説
訳者あとがき
原注