思想*多島海シリーズ 16
事件の現象学 1
非日常性の定位構造

四六判 / 320ページ / 上製 / 定価:3,800円 + 税 
ISBN978-4-588-10016-1 C1310 [2009年11月 刊行]

内容紹介

都市には昼の顔と夜の顔がある。都市に生きる直立歩行人(ホモ・エレクトゥス)にも昼の歩行と夜の歩行がある。日常性を求めて昼の生活圏を歩いた散歩人(ホモ・アンブランス)は、宵闇にまぎれ、流通の豊饒なる夜と溶融するとき、事件蒐集家たる遊歩者へと変容する。都市の豊饒のその普遍的な闇から、〈運命〉〈因縁〉〈天命〉の夢が紡がれてゆく……。『散歩の文化学』の姉妹編。         【哲学思想・都市論】