ピエール・ベール関連資料集 2
寛容論争集成・上

野沢 協:編訳
A5判 / 1024ページ / 上製貼箱入 / 定価:25,000円 + 税 
ISBN978-4-588-12029-9 C1310 [2013年11月 刊行]

内容紹介

キリスト教新旧諸派間の激烈な争いに見舞われた17世紀後半、寛容をめぐってベールの周囲で闘わされた政治・神学論争のうち、代表的な著作を精選。上巻には、デュイソー、オーベール・ド・ヴェルセ、バナージュ・ド・ボーヴァル、パパン、ル・セーヌ、ジュリュー、ユエの諸論考を収録。近世ヨーロッパ世界の世俗化の背景をなす、信仰と暴力、異端と自由をめぐる思想のドキュメント。上下2分冊。

著訳者プロフィール

野沢 協(ノザワ キョウ)

1930年鎌倉市に生まれる。東京大学文学部仏文科卒業。東京都立大学教授、駒沢大学教授を務める。主な訳書:P. アザール『ヨーロッパ精神の危機』(第9回クローデル賞)、B. グレトゥイゼン『ブルジョワ精神の起源』、A. リシュタンベルジェ『十八世紀社会主義』(第19回日本翻訳文化賞)、J. カスー『1848年──2月革命の精神史』(監訳)、『啓蒙のユートピア 全3巻』(監訳)、『ピエール・ベール著作集全8巻・補巻1』(全巻個人訳、第2回日仏翻訳文学賞・第34回日本翻訳文化賞)、P. デ・メゾー『ピエール・ベール伝』、『ドン・デシャン哲学著作集』、『啓蒙の地下文書Ⅰ・Ⅱ』(監訳)(以上の翻訳書は、法政大学出版局刊)ほか。

※上記内容は本書刊行時のものです。

目次

まえがきと凡例

イザーク・デュイソー『キリスト教の合同、または、ただひとつの信仰告白のもとにすべてのキリスト教徒を再統合する方法』(一六七〇年)

ノエル・オーベール・ド・ヴェルセ『平和的プロテスタント、または教会平和論』(一六八四年)

アンリ・バナージュ・ド・ボーヴァル『宗教の寛容』(一六八四年)

イザーク・パパン『信仰を真の原理に還元し、正しい限界内に収む』(一六八七年)

シャルル・ル・セーヌ『種々の宗教問題に関する対話、意見を異にするキリスト教徒が互いにすべき寛容を示す──抄』(一六八七年)

ノエル・オーベール・ド・ヴェルセ『良心の自由、または、民の宗教に対する主権者の権威について ジュリュー殿が『法王教史』と『教会の体系』で採用したホッブズ、スピノザの不敬な格率に対置する』(一六八七年)

ピエール・ジュリュー『良心と君主という宗教問題における二つの主権者の権利について 宗教的無差別と普遍的寛容というドグマを破壊するために 『〈強いて入らしめよ〉という譬の言葉に関する哲学的註解』と題する書を駁す』(一六八七年)

ジェデオン・ユエ『スイスからオランダへの手紙』(一六九〇年)

ジェデオン・ユエ『真の寛容論者のための弁明』(一六九〇年)

ジェデオン・ユエ『寛容論者の弁明者のための弁明』(一六九〇年)

著者紹介
訳註

書評掲載

「出版ニュース」(2015年4月上旬号)に紹介されました。

関連書籍

『抵抗と服従』
野沢 協:編訳
『寛容論争集成・下』
野沢 協:編訳
『良心の自由』
野沢 協:編訳