ものと人間の文化史 142
追込漁

四六判 / 368ページ / 上製 / 定価:3,300円 + 税 
ISBN978-4-588-21421-9 C0320 [2008年01月 刊行]

内容紹介

石や棒で追う、シャチや鳥が追う、網で追い込む──沖縄の島々をはじめ、今なお日本の各地で行なわれている原始的な沿岸漁撈を実地に訪ねてその漁の実態を精査し、魚の生態と自然条件を知り尽した漁師たちの創意にみちた知恵と技を見直す。漁師たちからの聞書をもとにわが国漁撈史の知られざる側面に光を当て、漁撈文化の原点から漁業のあり方を問う。