ものと人間の文化史 148
紫(むらさき)
紫草から貝紫まで

四六判 / 332ページ / 上製 / 定価:3,000円 + 税 
ISBN978-4-588-21481-3 C0320 [2009年10月 刊行]

内容紹介

古来高貴なる色とされてきた紫は、いまや絶滅危惧種となった紫草(ムラサキ)の根から抽出される染料によって、あるいは貝類の鰓下腺(パープル腺)液によって染められた。その技法を受け継ぐ人々、復元に力をつくす人々を各地にたずね、華岡清洲と紫雲膏、助六の伊達鉢巻などの話題から、古典文学における「紫ゆかりの物語」にもおよぶ。伝統の色をもとめて全国をめぐった「むらさき紀行」。〔文化史・民俗〕

関連書籍

ものと人間の文化史 『藍Ⅰ・Ⅱ』『草木布Ⅰ・Ⅱ』『紅花』『木綿口伝』『木綿再生』