ものと人間の文化史 149-Ⅰ
杉 Ⅰ

四六判 / 282ページ / 上製 / 定価:2,700円 + 税 
ISBN978-4-588-21491-2 C0320 [2010年02月 刊行]

内容紹介

わが国の固有種である杉は「木の文化」の主役として古くから日本人の生活に関わってきた。その生態、天然分布の状況から各地の栽培・育種、利用にいたる歩みを弥生時代から今日までの人間の営みの中で捉え直す。近世における秋田杉、北山杉、吉野杉などの産地形成の経緯、藩による林業の育成と禁制、戦争や災害による荒廃、国有林や民有林の消長などにわたり、わが国林業史の展望の下に描き出す。〔植物文化史・環境〕