ものと人間の文化史 150
井戸

四六判 / 260ページ / 上製 / 定価:2,500円 + 税 
ISBN978-4-588-21501-8 C0320 [2010年02月 刊行]

内容紹介

稲作が始まって数百年も経つ弥生時代中期になって、なぜ井戸は突然つくられだすのだろうか。飲料水など生活用水を汲むのが目的ではなく、祭祀に使う聖なる水を得るためだったのではないか。目的や構造の変遷、宗教や権力との関わりを丁寧にたどる。〔文化史〕