内藤正敏*民俗の発見 4
江戸・都市の中の異界

四六判 / 396ページ / 上製 / 定価:3,900円 + 税 
ISBN978-4-588-27044-4 C1039 [2009年04月 刊行]

内容紹介

江戸に開花した落語や怪談、見世物、黄表紙などの庶民文化に秘められた〈異界〉の構造を読み解き、江戸から東京へ、前近代から現代へ脈々と貫流する都市の闇を照射する。権力と民衆、科学と信仰、差別と芸能等のテーマを重層的に交差させ、多角的な視点から都市の繁栄の陰に隠された民俗の底辺を発掘する。『江戸・王権のコスモロジー』と対をなす都市文化論。〈民俗の発見〉全4巻完結。