大砲からみた幕末・明治
近代化と鋳造技術

四六判 / 254ページ / 上製 / 定価:3,400円 + 税 
ISBN978-4-588-31402-5 C1021 [2016年09月 刊行]

内容紹介

近代日本史の扉は、黒船の大砲によって開かれた。西洋列強に軍事的に対抗すべく、富国強兵を旗印に推し進められた明治の産業革命は、大砲製造を含む金属鋳造・加工技術の急速な発展の歴史でもある。幕末以降官民挙げて操業に着手し、草創期の数多くの日本企業が参与したにもかかわらず、敗戦をへてやがて忘れられた軍事技術の歴史を、鋳造工学研究の第一人者がひもとく異色の書。図版多数。

著訳者プロフィール

中江 秀雄(ナカエ ヒデオ)

1941年東京は両国に生まれる。両国小学校,両国中学校を経て,早稲田大学高等学院から早稲田大学理工学部に進学。1964年早稲田大学理工学部金属工学科を卒業し,大学院に進む。1970年工学博士,1971年1月日立製作所機械研究所入社。1983年4月早稲田大学理工学部教授,2012年早稲田大学名誉教授。長年,鋳物の研究と教育に従事し,日本鋳造工学会会長などを歴任。近年は鋳鉄製の大砲に魅せられ,趣味でその歴史を読み解いてきた。
著書に『新版 鋳造工学』『濡れ,その基礎とものづくりへの応用』(いずれも産業図書),『結晶成長と凝固』(アグネ承風社),『凝固工学』(アグネ),『状態図と組織』(八千代出版),共著に『材料プロセス工学』(朝倉書店),編著に『新版 鋳鉄の材質─鋳物技術者と機械設計技術者のための』(日本鋳造工学会)など。

※上記内容は本書刊行時のものです。

目次

1 はじめに

2 鉄砲伝来から大砲まで
 一 鉄砲伝来
 二 火縄銃から大筒(大砲)へ
 三 わが国における歴史上の代表的大砲

3 わが国を取り巻く世界の情勢と大砲
 一 ペリー来航まで
 二 近代化への第一歩

4 溶解炉の変遷──甑から反射炉へ
 一 タタラとこしき──鑪と踏鞴、甑と鞴
 二 甑から反射炉へ
 三 青銅砲から鋳鉄砲へ

5 反射炉による鋳鉄砲の製造
 一 反射炉の位置づけ
 二 荷下鉄
 三 反射炉と甑による鋳鉄溶解
 四 和銑の甑での溶解
 五 実証実験

6 わが国の鉄──幕末の銑鉄と鋼
 一 タタラから高炉へ
 二 銑鉄、鋳鉄と鋼
 三 高炉の建設

7 幕末から明治の製鉄所・造船所・軍工廠
 一 幕末の製鉄所と鋳造所、造船所
 二 浦賀造船所
 三 横須賀製鉄所と横浜製鉄所
 四 東京砲兵工廠
 五 赤羽工作分局
 六 大阪砲兵工廠
 七 大阪砲兵工廠の鋳鉄砲
 八 大阪砲兵工廠での水道用鋳鉄管と自動車エンジンの鋳造
 九 呉海軍工廠

8 明治の製鉄─釜石から八幡へ
 一 幕末から明治へ
 二 釜石製鉄所の誕生
 三 官営八幡製鉄所の誕生

9 江戸時代以前に設立された鋳鉄鋳物工場
 一 鋳物の歴史
 二 石川島造船所(現在のIHIと、いすゞ自動車、日野自動車)
 三 長崎熔鐡所(現在の三菱重工、三菱造船)

10 明治時代に設立された鋳物工場
 一 池貝鉄工所
 二 クボタ
 三 新潟鉄工所
 四 住友金属工業
 五 日本製鋼所
 六 日立金属
 七 日立製作所
 八 豊田自動織機
 九 コマツ

11 おわりに

 あとがき
 索 引

『大砲からみた幕末・明治』正誤表PDF
「正誤表」について。本書の刊行後、いくつかの誤表記または事実誤認の箇所を確認いたしました。いずれも編集部の不注意の結果であり、ご迷惑をおかけしました関係各位、読者の皆さまに心よりお詫びを申し上げます(2016年10月27日)。

書評掲載

「鋳物ジャーナル」(2016年10月号)にて紹介されました。

「日刊工業新聞」(2016年10月31日付)にて紹介されました。

「ふぇらむ」(Vol.21(2016)No.11)にて紹介されました。

「鋳造工学」(2016年No.11号)にて紹介されました。

「日本歴史」(2017年3月号)にて紹介されました。

「素形材」(2017年Vol.58号)にて紹介されました。

関連書籍

『反射炉 Ⅰ』
金子 功:著
『反射炉 Ⅱ』
金子 功:著