訳された近代
文部省『百科全書』の翻訳学

A5判 / 438ページ / 上製 / 定価:5,800円 + 税 
ISBN978-4-588-44505-7 C3081 [2017年02月 刊行]

内容紹介

明治初期、当時一流の洋学者たちを総動員して進められた、文部省主導の大規模な翻訳プロジェクトがあった。英国の百科事典を70名以上に及ぶ翻訳者・校正者が協働して日本語訳し、最先端の西洋文明を紹介した全97編の出版事業は、近代日本の言語・文化・学問に何をもたらしたのか。事業の概観とともに、各分野の主要翻訳語に着目し、翻訳学の視点から初めて総合的にアプローチした画期作。

著訳者プロフィール

長沼 美香子(ナガヌマ ミカコ)

愛知県生。通訳翻訳者。立教大学大学院異文化コミュニケーション研究科特任准教授を経て、神戸市外国語大学外国語学部英米学科准教授。広島大学卒業、同大学院修士課程修了。オークランド大学大学院文部省国費派遣交換留学。マッコーリ大学大学院修士課程修了。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了、博士(学術)。専門は機能言語学、通訳翻訳学。NHK『ニュースで英会話』原稿執筆、共編著に『日本の翻訳論』(法政大学出版局)、共訳書に『通訳学入門』『翻訳学入門』(みすず書房)ほか。

※上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序 章 文部省『百科全書』への招待
 一 翻訳テクストの研究
 二 『百科全書』研究の意義
 三 本書の構成

第一章 翻訳研究における「等価」言説──スキャンダルの罠
 一 翻訳の理論と「等価」
 二 欧米翻訳学事始
 三 近代日本の翻訳論
 四 日本の翻訳学

第二章 文部省『百科全書』という近代──ふぞろいな百科事典
 一 国家的翻訳プロジェクト
 二 翻訳機関の変遷
 三 『百科全書』の輪郭
 四 起点テクストについて
 五 翻訳者と校正者の群像

第三章 「身体教育」という近代──文明化される所作
 一 身体の近代
 二 明治政府と「教育」
 三 「身体教育」の行方
 四 「体育」とは
 五 国民国家の「スポーツ」

第四章 「言語」という近代──大槻文彦の翻訳行為
 一 大槻文彦と「言語」
 二 『言語篇』の刊行事情
 三 文法をめぐる『言海』と『百科全書』
 四 「言語」とは
 五 ためらいがちな「言語」というもの

第五章 「宗教」という近代──靖国体制の鋳型
 一 「宗教」と非「宗教」
 二 翻訳語としての「宗教」
 三 明治政府と「宗教」
 四 『百科全書』における「宗教」
 五 非「宗教」のカモフラージュ

第六章 「大英帝国」という近代──大日本帝国の事後的な語り
 一 遡及することば
 二 「大英帝国」とは
 三 「帝国」の記憶
 四 「人種」をめぐる大日本帝国
 五 更新され続ける「帝国」

第七章 「骨相学」という近代──他者を視るまなざし
 一 人体解剖図と翻訳
 二 西洋近代の「科学」
 三 「骨相学」とは
 四 語るまなざし
 五 疑似科学の近代

第八章 「物理」「化学」という近代──窮理と舎密からのフィクショナルな離脱
 一 蘭学から英学へ
 二 自然科学の翻訳
 三 「物理」「化学」への跳躍
 四 定義するテクスト
 五 学校制度のなかの自然科学

第九章 「百科全書」という近代──制度の流通と消費
 一 「百科全書」とは
 二 『百科全書』の視覚制度
 三 制度としての学知
 四 新聞広告による流通と消費

終 章 「翻訳」という近代──訳された文部省『百科全書』
 一 翻訳語の遠近法
 二 増殖する名詞
 三 翻訳論的転回へ

あとがき
文献一覧
事項索引
人名索引

書評掲載

「図書新聞」(2017年10月7日号/伊藤真実子氏・評)にて紹介されました。