比較経済研究所研究シリーズ 25
ガバナンスの比較セクター分析
ゲーム理論・契約理論を用いた学際的アプローチ

A5判 / 412ページ / 上製 / 定価:5,400円 + 税 
ISBN978-4-588-60225-2 C3333 [2010年03月 刊行]

内容紹介

今日「ガバナンス(Governance)」の問題が、企業統治、民営化、金融制度改革、地方分権、政治制度改革、移行(開発)経済、国際関係、国際政治など広範な分野で注目を浴びている。本書は、ゲーム理論や契約理論の分析ツールを用いて、民間(企業)、政府、超国家機構の各セクターにみられるガバナンスの本質を数理的かつ実証的に比較分析する、共同研究の成果
。【経済学・ガバナンス論】