サピエンティア 5
連帯経済の可能性
ラテンアメリカにおける草の根の経験

四六判 / 204ページ / 上製 / 定価:2,200円 + 税 
ISBN978-4-588-60305-1 C3330 [2008年12月 刊行]

内容紹介

今日の新自由主義的グローバリゼーションがもたらす弊害のもとで、貧しい人々によって組織されたさまざまな参加型コミュニティや近隣組織づくり、プロジェクト等をさす「連帯経済」という発想が注目を集めている。本書は、開発経済学その他の分野で独創的な業績を残している著者のラテンアメリカ見聞記から、グローバル化のもとで苦闘する人々による共生のあり方を探る。