貨幣形態論
理論・歴史・現実

A5判 / 282ページ / 上製箱入 / 定価:2,500円 + 税 
ISBN978-4-588-64518-1(4-588-64518-8) C3033 [1972年06月 刊行]

内容紹介

貨幣の本質と機能をマルクス経済学の立場から明確に規定し,その現象形態を生産過程との関連において世界史的に究明。さらに「金廃貨論」の役割と本質を批判する。