叢書・ウニベルシタス 811
探偵小説の哲学

四六判 / 180ページ / 上製 / 定価:2,000円 + 税 
ISBN978-4-588-00811-5(4-588-00811-0) C1310 [2005年01月 刊行]

内容紹介

1925年に執筆された最も初期の探偵小説論。「ホテルのロビー」「探偵」「警察」「犯罪者」等を素材として,合理的理性に支配された近代社会のアレゴリー画を描く。

書評掲載

「朝日新聞」(2014年5月19日付/「文化の扉」)に紹介されました。