叢書・ウニベルシタス 846
ライプニッツ哲学序説
その原理観と演繹論の発展

四六判 / 428ページ / 上製 / 定価:5,000円 + 税 
ISBN978-4-588-00846-7(4-588-00846-3) C1310 [2006年04月 刊行]

内容紹介

西洋哲学の誕生以来の認識論,存在論を徹底的に掘り下げ,古典的・近代的思考法における「知」の問題を詳細に検証し再考するオルテガ思想円熟期の軌跡を示す遺稿。