叢書・ウニベルシタス 907
ほつれゆく文化
グローバリゼーション,ポストモダニズム,アイデンティティ

四六判 / 358ページ / 上製 / 定価:3,900円 + 税 
ISBN978-4-588-00907-5 C1336 [2009年02月 刊行]

内容紹介

西洋中心の認識という仮構によってまとまりを保ってきた社会と文化は、グローバリゼーションという風雨にさらされ、今やぼろぼろにほころびてしまった。この状況のなかで、「ほつれた糸」としての文化の一本一本を、時空両面の越境や折衷のダイナミズムを通して理解しようとする試み。21世紀の百科全書派ともいうべきフェザーストンの脱中心的な近代化理論。吉見俊哉氏の序言を付す。