叢書・ウニベルシタス 971
イメージの前で
美術史の目的への問い

四六判 / 504ページ / 上製 / 定価:4,600円 + 税 
ISBN978-4-588-00971-6 C1310 [2012年02月 刊行]

内容紹介

ルネッサンス期以降、学問としての美術史はいかなる知の言説として確立されたのか。ヴァザーリによる人文主義的美術史の発明から、パノフスキー的イコノロジーの成立にいたる美学の歴史を、表象の裂け目に現れるフロイト的「徴候」への眼差しを通じて批判的に解体する“美術史の脱構築”。バタイユやヴァールブルクを継承し、独自のイメージ人類学を実践する注目の美術史家の初期代表作。

著訳者プロフィール

ジョルジュ・ディディ=ユベルマン(ディディ=ユベルマン,G.)

(Georges Didi-Huberman)
哲学者、美術史家。1953年6月13日生(サン=テティエンヌ、フランス)。リヨン大学で哲学の学士号を取得した後、美術史学の修士号を取得。その後、社会科学高等研究院(E.H.E.S.S.)で博士号を取得。1990年から社会科学高等研究院の助教授。日本語訳として『アウラ・ヒステリカ──パリ精神病院の写真図像集』(リブロポート)、『フラ・アンジェリコ──神秘神学と絵画表現』(平凡社)、『ジャコメッティ──キューブと顔』(PARCO出版)、『ヴィーナスを開く』(白水社)、『残存するイメージ──アビ・ヴァールブルクによる美術史と幽霊たちの時間』(人文書院)、『イメージ、それでもなお──アウシュヴィッツからもぎ取られた四枚の写真』(平凡社)がある。

江澤 健一郎(エザワ ケンイチロウ)

1967年生。明治学院大学文学部フランス文学科卒業。立教大学大学院文学研究科博士課程後期課程満期退学。博士(文学)。現在、立教大学ほか非常勤講師。著書に『ジョルジュ・バタイユの《不定形》の美学』(水声社)。共著書に『中平卓馬──来たるべき写真家』(河出書房新社)、『ドゥルーズ──千の文学』(せりか書房)、『飢餓の木2010』(ICANOF+以文社)ほか。共訳書にジル・ドゥルーズ『シネマ2*時間イメージ』(法政大学出版局)、ジョルジュ・バタイユ『聖なる陰謀──アセファル資料集』(ちくま学芸文庫)。

※上記内容は本書刊行時のものです。

目次

提起される問い
第一章 単なる実践の限界内における美術史
第二章 再生としての芸術 そして理想的人間の不死性
第三章 単なる理性の限界内における美術史
第四章 裂け目としてのイメージ そして受肉した神の死
補遺 細部という問題、面という問題

〈付録〉内容紹介文
訳者あとがき
図版目録
人名索引