叢書・ウニベルシタス 1003
翻訳の時代
ベンヤミン『翻訳者の使命』註解

四六判 / 318ページ / 上製 / 定価:3,500円 + 税 
ISBN978-4-588-01003-3 C1310 [2013年12月 刊行]

内容紹介

フランスの翻訳研究の第一人者であり、名著『他者という試練』で知られるベルマンが、20世紀の翻訳論の「中心テクスト」としてのベンヤミンのエッセイを詳細に読み解く。バベル的な複数言語世界における逐語性、純粋性、忠実性についての理論的批判であるとともに、翻訳行為の歴史性や作品の存在論を問う精密な思索。国際哲学コレージュでの未刊の講義ノートを初集成した、翻訳思想への入門。

著訳者プロフィール

アントワーヌ・ベルマン(ベルマン,A.)

(Antoine Berman)
1942年、ポーランド移民のユダヤ人である父とフランス人母のもとに生まれる。ソルボンヌ大学で哲学を学びつつ、1967年詩誌La Déliranteを創刊、ドイツ・ロマン主義の研究や翻訳を発表。68年には後のイザベル夫人らとともに演劇運動に身を投じ、学業を中断。のち夫人の母国アルゼンチンに渡り、演劇運動のかたわらスペイン語、ラテン・アメリカ文学を学ぶ。帰仏後、ラテン・アメリカ文学の翻訳と紹介に携わり、英語、ドイツ語、スペイン語の職業翻訳家として活躍。1984年に『他者という試練』を上梓するとともに、国際哲学コレージュのディレクターとして翻訳をテーマとするセミナーを担当。86年には「翻訳センター ジャック・アミヨ」を創設。大学教授資格論文を準備するかたわら、翻訳批評を認知させるために奮闘中病に倒れ、1991年死去。

岸 正樹(キシ マサキ)

1955年生まれ。アテネフランセ、日仏学院にて学ぶ。英米仏の批評理論、翻訳理論を研究。現在、翻訳家、河合塾講師。訳書にJ.-J.ルセルクル『言葉の暴力──「よけいなもの」の言語学』(法政大学出版局)。

※上記内容は本書刊行時のものです。

目次

刊行にあたって
序 「国際哲学コレージュ」でのセミナーについて
翻訳の時代 開講の辞
 講義ノート1
  言葉の形而上学
  ベンヤミンの思考の五つの特徴
  翻訳者ベンヤミン
  「翻訳者の使命」──ある一つの序文
註 解
 講義ノート2
 講義ノート3
 講義ノート4
 講義ノート5
 講義ノート6
 講義ノート7
 講義ノート8
 講義ノート9
 講義ノート10
原注/訳注
訳者後記

関連書籍

柳父章・他編『日本の翻訳論』
J.-J.ルセルクル著/岸正樹訳『言葉の暴力』