叢書・ウニベルシタス 1084
性そのもの
ヒトゲノムの中の男性と女性の探求

四六判 / 446ページ / 上製 / 定価:4,600円 + 税 
ISBN978-4-588-01084-2 C1330 [2018年09月 刊行]

内容紹介

今日、ヒトのXY染色体のゲノム配列を手にした遺伝学者たちは、男性らしさや女性らしさの要素「性そのもの(sex itself)」を探索している。本書は、文化的なジェンダー規範が性に関する遺伝学的理論に与えてきた影響や誤謬を明らかにし、科学的実践と論理におけるジェンダーの働きの多面性の分析を可能にする「科学の中のジェンダーのモデル化」を提唱、ポストゲノム時代のジェンダー批判的遺伝学を構築する。

関連書籍

『生そのものの政治学』
ニコラス・ローズ:著
『生命倫理学』
ディーター・ビルンバッハー:著