叢書・ウニベルシタス 1084
性そのもの
ヒトゲノムの中の男性と女性の探求

四六判 / 444ページ / 上製 / 定価:4,600円 + 税 
ISBN978-4-588-01084-2 C1330 [2018年09月 刊行]

内容紹介

今日、ヒトのXY染色体のゲノム配列を手にした遺伝学者たちは、男性らしさや女性らしさの要素「性そのもの(sex itself)」を探索している。本書は、文化的なジェンダー規範が性に関する遺伝学的理論に与えてきた影響や誤謬を明らかにし、科学的実践と論理におけるジェンダーの働きの多面性の分析を可能にする「科学におけるジェンダーのモデル化」を提唱、ポストゲノム時代のジェンダー批判的遺伝学を構築する。

著訳者プロフィール

サラ・S・リチャードソン(リチャードソン サラ)

(Sarah S. Richardson)
スタンフォード大学現代思想・文学専攻で博士号を取得。専門は科学史・科学哲学。生命科学における人種とジェンダー及び、科学知の社会的側面を研究対象としている。現在、ハーバード大学科学史学科及び、女性・ジェンダー・セクシュアリティ専攻教授。共編著に、Revisiting Race in a Genomic Age (Rutgers University Press, 2008), Postgenomics: Perspectives on Biology after the Genome (Duke University Press, 2015)がある。

渡部 麻衣子(ワタナベ マイコ)

国際基督教大学卒業。英国ウォウイック大学大学院博士課程修了。博士(社会学)。現在、東京大学大学院情報学環客員研究員、北里大学医学部客員研究員、法政大学現代福祉学科非常勤講師。専門は科学技術社会論。共編著に『出生前診断とわたしたち「新型出生前診断」(NIPT)が問いかけるもの』(生活書院、2014年)、共著に『遺伝子と医療』(「シリーズ生命倫理学」第11巻、丸善出版、2013年)がある。

※上記内容は本書刊行時のものです。

目次

日本語版への序文

第一章 性そのもの
第二章 奇妙な染色体
第三章 XとYはいかにして性染色体になったか
第四章 性の新しい分子科学
第五章 男らしさの染色体
第六章 Xの性化
第七章 性決定遺伝子の探索
第八章 男性を救え!
第九章 男性と女性は、ヒトとチンパンジーのように異なっているのか?
第十章 ジェンダーとヒトゲノム
謝辞
訳者あとがき

参考文献
索引

書評掲載

「出版ニュース」(2018年12月上旬号)に紹介されました。

関連書籍

『生そのものの政治学』
ニコラス・ローズ:著
『生命倫理学』
ディーター・ビルンバッハー:著
『ジェンダー史とは何か』
ソニア・O・ローズ:著
『ジェンダーの系譜学』
ジェニファー・ジャーモン:著