叢書・ウニベルシタス 1091
チチスベオ
イタリアにおける私的モラルと国家のアイデンティティ

四六判 / 460ページ / 上製 / 定価:4,800円 + 税 
ISBN978-4-588-01091-0 C1322 [2019年02月 刊行]

内容紹介

「チチスベオ」は、18世紀のイタリアで、夫の同意のもと既婚貴婦人に付き従い、助ける任務を負った「付き添いの騎士」のこと。「気取ったお洒落に身を包み、女性に甘いイタリア人男性」というイメージの源だが、その役割は組織化された三角関係の中で公的に承認されたものだった。しかし、複数の国に分かれていたイタリアが「統一国家」へと劇的に変貌する過程で彼らはその姿を消した。本書は、当事者や関係者の証言、日記、回想記、旅行記、文学や絵画作品など精査し、その歴史を探訪する。口絵付き。

関連書籍

『宮廷社会』
ノルベルト・エリアス:著
『ヨーロッパのサロン』
ヴェレーナ・フォン・デア・ハイデン=リンシュ:著