叢書・ウニベルシタス 1098
オーストリア文学の社会史
かつての大国の文化

四六判 / 702ページ / 上製 / 定価:7,000円 + 税 
ISBN978-4-588-01098-9 C1398 [2019年08月 刊行]

内容紹介

近現代ドイツ国家の政治的ヘゲモニーのもと、従来「ドイツ文学史」の一部に包摂されてきたオーストリア地域の文学。旧ハプスブルク帝国の文化的・精神史伝統を色濃く引き継ぎ、19世紀以降は諸芸術の爛熟や精神分析の誕生、そして反ユダヤ主義の氾濫を目撃したウィーンを中心とするこの地の文学的遺産を、該博な知識と最新の視点で概観した初の通史。定評ある原書第三版に基づく全訳。

関連書籍

『反教養の理論』
コンラート・パウル・リースマン:著