叢書・ウニベルシタス 112
知覚の現象学〈新装版〉

四六判 / 896ページ / 上製 / 定価:7,800円 + 税 
ISBN978-4-588-09916-8 C1310 [2009年11月 刊行]

内容紹介

サルトルとならび戦後思想の根底に計り知れぬ影響をもたらした著者の記念碑的大著の全訳。近代哲学の二つの代表的な立場、主知主義=観念論と経験主義=実在論の両者を、心理学・精神分析学の提供する資料の解釈を通じて内在的に批判するとともに、両義的存在としての「生きられる身体」の概念を回復し、身体=知覚野において具体的・人間的主体の再構築をめざす。【哲学・思想】