叢書・ウニベルシタス 340
科学史・科学哲学研究 〈新装版〉

四六判 / 674ページ / 上製 / 定価:6,800円 + 税 
ISBN978-4-588-09953-3 C1310 [2012年07月 刊行]

内容紹介

コントの生命論、ベルナールの内部環境論や実験医学論、バシュラールのエピステモロジーを論じ、生理学・甲状腺病理学・反射概念・心理学・治療学などの形成史を、生命科学の認識論の角度から考察する。〈科学史とは何か〉を問い続けたカンギレムの仕事の総体を示す重要著作。

著訳者プロフィール

ジョルジュ・カンギレム(カンギレム,G.)

(Georges Canguilhem)
1904年フランス西南部のカステルノダリーに生まれる。ソルボンヌで哲学を、ストラスブール大学で医学を修め、バシュラールに師事して科学哲学研究者の道を歩む。バシュラールの後任としてパリ大学科学史・技術史研究所長をつとめ、1955年から71年までソルボンヌの教壇に立ち、科学史・科学哲学を講じた。科学哲学、医学、生物学にわたる深い学殖をもとに、概念の生成を歴史的に究明し、アルチュセール派、ラカンの後継者たち、さらにはフーコー、ダゴニェ、ブルデュー、セールらに大きな影響を与えた。95年9月死去。邦訳書に、『正常と病理』(1943、66)、『生命の認識』(52、65)、『反射概念の形成』(55、77)、本書『科学史・科学哲学研究』(68)、『生命科学の歴史』(77)〔以上、法政大学出版局刊〕などがある。

金森 修(カナモリ オサム)

1954年生まれ。1985年パリ第一大学哲学博士。86年東京大学比較文学比較文化博士課程満期退学。現在、東京大学大学院教育学研究科教授。

※上記内容は本書刊行時のものです。

目次

 緒言
 第五版のための覚え書

A 序論──科学史の対象

I 追憶

B コペルニクスの世界の中のヴェサリウスの人間
C ガリレイ──業績の意味と人間としての教訓
D フォントネル──哲学者にして科学史家

II 解釈

オーギュスト・コント
E オーギュスト・コントの生命哲学と十九世紀フランスにおけるその影響
F オーギュスト・コントからみたモンペリエ学派
G オーギュスト・コントのフェティシズム論における宗教史と科学史
チャールズ・ダーウィン
H 一九五八年における「生存闘争」と「自然淘汰」の概念
I 心理学の観点からみたチャールズ・ダーウィンによる人間と動物
クロード・ベルナール
J クロード・ベルナールにおける実験医学の概念
K クロード・ベルナールにおける実験の理解と技術
L クロード・ベルナールとビシャ
M クロード・ベルナールからガストン・バシュラールに至る方法概念の進展
ガストン・バシュラール
N ガストン・バシュラールのエピステモロジーにおける科学史
O ガストン・バシュラールと哲学者
P ガストン・バシュラールにおける弁証法と否定の哲学

III 探求

生物学
Q 生物学のエピステモロジーにおける特異なものと特異性について
R 科学としての生理学の形成
S 十九世紀における甲状腺の病理学と生理学
T 十九世紀における反射概念
U 生物学の発見におけるモデルとアナロジー
V 生物学的思考における全体と部分
生物の新しい認識
W 概念と生命
心理学
X 心理学とは何か
医学
Y 治療学、実験、責任
Z 医学における合理性の権能と限界

 原注
 訳注
 解説 カンギレムの主要業績 (金森 修)
 あとがき

[訳者]

松浦 俊輔(マツウラ シュンスケ)
1956年生まれ。1987年東京大学比較文学比較文化博士課程満期退学。現在、フリーの翻訳家。

古賀 祥二郎(コガ ショウジロウ)
1950年生まれ。1986年一橋大学社会学研究科博士課程満期退学。現在、足利工業大学准教授。

兵藤 宗吉(ヒョウドウ ムネヨシ)
1951年生まれ。パリ第八大学心理学部博士課程修了。心理学博士。現在、中央大学文学部教授。

森脇 靖子(モリワキ ヤスコ)
1943年生まれ。東京都立大学理学部生物学科卒業。大阪府立大学修士課程修了。現在、大阪大学非常勤講師。

平松 希伊子(ヒラマツ キイコ)
1954年生まれ。1982年京都大学哲学科博士課程修了。パリ第四大学博士課程中退。現在、島根大学・他非常勤講師。