叢書・ウニベルシタス 628
マーラー 〈新装版〉
音楽観相学

四六判 / 286ページ / 上製 / 定価:3,000円 + 税 
ISBN978-4-588-09987-8 C1373 [2014年06月 刊行]

内容紹介

もはや帰るべき故郷を持たず、理想や進歩を単純には信じ得ない、幾重にも疎外された歴史的主体の表現であり、否定性の彼方に〈他なるもの〉を体験させるマーラーの音楽世界。その精緻な作品分析により、マーラーの構想・イデー・技術を解き明かし、その現代性を見事に捉える。

著訳者プロフィール

Th.W.アドルノ(アドルノ,Th.W.)

(Theodor W. Adorno)テオドール・W. アドルノ
1903年フランクフルト生まれ。青年時代から哲学と音楽の両分野で才能を発揮。哲学博士号取得の後、1925年よりウィーンでアルバン・ベルクに作曲を学び、音楽家と交流。1928〜31年前衛的音楽評論雑誌『アンブルッフ』の編集を担当する。1931年キルケゴールに関する論文で教授資格取得。1938年アメリカ移住。フランクフルト学派の一員として社会研究に従事。1949年にフランクフルトに戻り、ホルクハイマーとともに1950年社会研究所を再開する。戦後はその鋭い社会批判によってドイツの思想界をリードし、ドイツ社会学会会長も務める一方で、現代音楽の高度な評論・分析によりヨーロッパの作曲家に大きな影響を与えた。1969年没。『啓蒙の弁証法』(1947)『新音楽の哲学』(1949)『ミニマ・モラリア』(1951)『否定弁証法』(1966)『アルバン・ベルク』(1968)などの著書がある。

龍村 あや子(タツムラ アヤコ)

1951年生。東京芸術大学大学院にて音楽美学・民族音楽学専攻後、DAAD給費留学生として渡独。ベルリン自由大学と工科総合大学で学び、C. ダールハウスのもとアドルノの音楽哲学研究で哲学博士号Dr. Phil.取得。現在、京都市立芸術大学音楽学部・大学院音楽研究科教授。専門は音楽美学・社会学、比較文化・比較文明学。

※上記内容は本書刊行時のものです。

目次

I 天幕とファンファーレ

II 音調

III 性格的要素

IV 小説

V ヴァリアンテ──形式

VI 技術の次元

VII 崩壊と肯定

VIII 長きまなざし

 第二版へのあとがき
 原注
 訳注
 訳者あとがき
 索引(人名・事項・マーラーの作品)

書評掲載

「音楽の友」(2014年11月号/寺西肇氏・評)に紹介されました。