ヒューム読本 〈新装版〉

A5判 / 332ページ / 並製 / 定価:3,400円 + 税 
ISBN978-4-588-12132-6 C1010 [2011年06月 刊行]

内容紹介

イギリス経験論哲学の最高峰、デイヴィッド・ヒュームの思想世界――9人のヒューミアンが最新の研究を踏まえ、その魅力と豊かな問題性を照射する読解・研究入門。

著訳者プロフィール

中才 敏郎(ナカサイ トシロウ)

大阪市立大学大学院文学研究科教授。哲学専攻。著書;『心と知識』(勁草書房)、『論理学の基礎』(昭和堂、共著)、訳書;ワトキンス『科学と懐疑論』、ヒュプナー『科学的理性批判』『神話の真理』(法政大学出版局、共訳)ほか。

※上記内容は本書刊行時のものです。

目次

 凡例

ヒュームの生涯と著作──まえがきに代えて
 はじめに
 一 若きヒュームの思想形成
 二 『人間本性論』
 三 大学教授の夢
 四 『イングランド史』
 五 パリ滞在
 六 晩年

 I

ヒュームの哲学的立場
 一 問題の設定
 二 自然主義とはどんな考えのことか
 三 ヒュームにおける目標と方法
 四 ヒュームの「人間本性」分析
 五 因果性と自然主義
 六 「情念論」「道徳論」と自然主義
 七 政治学と人間本性あるいは自然主義
 八 自然主義と学問的立場

 II

自由・偶然・必然──ヒューム因果論が遭遇する暗黒
 一 未来視線と過去視線
 二 過去からの束縛
 三 他人称的な過去形
 四 他行為可能性から偶然性へ
 五 責任能力という陥穽

ヒュームにおける心の理論──心的実体の観念と心身問題について
 はじめに
 一 ヒュームの主題と方法
 二 心的実体の観念の問題
 三 心身問題(一)──心的実体と身体の場所的連結としての
 四 心身問題(二)──心身の相互作用関係としての
 おわりに

懐疑論──ヒュームによる認識論的規範性の見直し
 はじめに
 一 ヒュームの議論に関する典型的解釈
 二 ヒュームの「全面的懐疑論」
 三 反基礎づけ主義による疑いの解消の不充分
 四 「全か無か」のディレンマと人間本性の自然な傾向性
 五 「全か無か」のディレイマのヒュームによる解決
 おわりに

ヒュームにおける宗教と哲学──神、世界、因果
 はじめに
 一 奇跡──『知性研究』第10節
 二 宗教的仮説──『知性研究』第11節
 三 人間本性における宗教の起源──『自然史』
 四 計画性からの論証──『対話』その一
 五 真なる宗教と偽なる宗教──『対話』その二
 おわりに

 III

ヒュームの情念論
 はじめに
 一 「情念論」の位置づけ
 二 「知性論」および「道徳論」との結びつき
 三 情念の位置づけ
 四 穏やかな情念と激しい情念
 五 直接情念と間接情念
 六 反省的印象としての快苦
 七 間接情念
 八 間接情念の「間接性」
 おわりに

ヒューム、その道徳哲学の視野
 はじめに──感情の事実と道徳の規範
 一 道徳感情と人格への顧慮
 二 人為的な徳と社会的世界
 三 事実と規範再び

ヒュームにおける社会科学の生誕
 はじめに
 一 理性主義哲学の批判と社会科学の方法
 二 社会科学における因果法則と人間の自由
 三 法則科学としての「政治学」
 四 社会科学における偶然と必然
 五 文明の学としての社会科学

哲学的精神と時代の精神
 はじめに
 一 人間本性の斉一性と文明の盛衰
 二 一般的原因と偶然
 三 歴史の効用
 四 「時代の精神」

 研究案内・年譜

ヒューム研究案内
 一 ヒュームのテキスト
 二 邦訳
 三 ヒューム研究
 四 日本におけるヒューム研究

ヒューム関係年譜

 あとがき──ヒューミアンであるとはどのようなことか?
 索引(人名・事項)

執筆者

神野 慧一郎(カミノ ケイイチロウ)
大阪市立大学名誉教授。著書;『ヒューム研究』(ミネルヴァ書房)、『モラル・サイエンスの形成』(名古屋大学出版会)、訳書;ヒュプナー『科学的理性批判』『神話の真理』(法政大学出版局、共訳)ほか。

一ノ瀬 正樹(イチノセ マサキ)
東京大学大学院人文社会系研究科教授。哲学専攻。著書;『原因と理由の迷宮』(勁草書房)、『死の所有』(東京大学出版会)、『確率と曖昧性の哲学』(岩波書店)ほか。

真船 えり(マフネ エリ)
日本大学文理学部、慶應義塾大学非常勤講師。哲学専攻。論文;「ヒュームにおける心身問題について─デカルトからヒュームへ─」(『精神科学』日本大学哲学研究室、第47号)ほか。

久米 暁(クメ アキラ)
関西学院大学文学部教授。哲学専攻。著書;『ヒュームの懐疑論』(岩波書店)、訳書;ハッキング『何が社会的に構成されるのか』(岩波書店、共訳)ほか。

石川 徹(イシカワ トオル)
香川大学教育学部教授。哲学専攻。著書;『西洋哲学史〔近代編〕』(ミネルヴァ書房、共著)ほか。

伊勢 俊彦(イセ トシヒコ)
立命館大学文学部教授。英米近現代文学専攻。論文;「自然と規範──ヒュームの約束論における」(『科学哲学』第30号)ほか。

坂本 達哉(サカモト タツヤ)
慶應義塾大学経済学部教授。社会思想史専攻。著書;『ヒュームの文明社会』(創文社)ほか。

壽里 竜(スサト リュウ)
関西大学経済学部准教授。社会思想史専攻。論文;“The Idea of Chivalry in the Scottish Enlightenment: The Case of David Hume,” Hume Studies 33:1ほか。