アレント『革命について』を読む

四六判 / 358ページ / 上製 / 定価:2,800円 + 税 
ISBN978-4-588-13024-3 C0010 [2018年08月 刊行]

内容紹介

長年の友人カール・ヤスパースが『全体主義の起源』をも凌ぐと評価したハンナ・アレントのもう一つの主著『革命について』──。フランス革命とアメリカ独立革命の比較で知られる本書は、共和政ローマに始まり、モンテスキューを経て、アメリカ建国の父祖たちの政治的経験の継承に至るまで、複雑な造りの本になっている。この問題の書を平易な語り口で明快に解説し、まさに完全読解を実現する待望の一冊!