叢書・ウニベルシタス 2
空と夢 〈新装版〉
運動の想像力にかんする試論

四六判 / 440ページ / 上製 / 定価:4,800円 + 税 
ISBN978-4-588-14029-7 C1310 [2016年01月 刊行]

内容紹介

ニーチェ、シェリー、バルザック、ポー、ボードレール、ベルグソン、リルケら詩人・作家・思想家の、空・大気と飛行の夢、鳥と翼、上昇と墜落、星雲・雲、嵐と風といった、めくるめく詩的イメージと運動の哲学を追って、夢想の法則とその意味を明らかにした特異な想像力論。

著訳者プロフィール

ガストン・バシュラール(バシュラール ガストン)

(Gaston Bachelard)
1884‐1962。フランスのバール=シュル=オーブに生まれる。故郷の高等中学を卒業後、電報局職員などをしながら独学。ソルボンヌ大学で数学の学士号をとり、1919年から母校の物理・化学の教師となる。22年、哲学教授資格試験に合格。27年、学位論文『近似的認識試論』により文学博士となり、ディジョン大学文学部教授をつとめる。40年、ソルボンヌ大学で科学史・科学哲学の教授となる。物理学、化学、心理学、精神分析、哲学の諸成果を幅ひろく吸収して、科学とポエジーを統一的に捉える独自のエピステモロジーを構築。主著に『科学的精神の形成』(38)、『火の精神分析』(38)、『ロートレアモン』(40)、『否定の哲学』(40)、『水と夢』(42)、『大地と意志の夢想』(48)、『大地と休息の夢想』(48)、『空間の詩学』(57)、『夢想の詩学』(61)などがある。61年に文学国家大賞受賞。

宇佐見 英治(ウサミ エイジ)

1918年生まれる。東京大学文学部卒業。明治大学名誉教授。2002年死去。
主な著訳書:『ピエールはどこにいる』、『縄文の幻想』、『石を聴く』、『ジャコメッティ』(共編)、『見る人──ジャコメッティと矢内原』、『方円漫筆』、『辻まことの思い出』;サン=テグジュペリ『手帖』、H.リード『イコンとイデア』、ブートゥール『幼児殺しの世界』、T.ド・シャルダン『神のくに・宇宙讃歌』『旅の手紙』(共訳)ほか。

※上記内容は本書刊行時のものです。

目次

 訳者まえがき

序論 想像力と動性

第一章 飛行の夢

第二章 翼の詩学

第三章 想像的墜落

第四章 ロベール・ドズワィユの業績

第五章 ニーチェと昇行の心象

第六章 青空

第七章 星座

第八章 雲

第九章 星雲

第十章 大気の樹木

第十一章 風

第十二章 声なき朗誦

結語(一) 文学的イメージ

結語(ニ)運動学的哲学と力動的哲学

 原註
 訳註
 訳者あとがき
 人名索引

関連書籍

『水と夢 〈新装版〉』
ガストン・バシュラール:著
『エチュード』
G.バシュラール:著
『科学史・科学哲学研究 〈新装版〉』
ジョルジュ・カンギレム:著
『ネオ唯物論』
フランソワ・ダゴニェ:著
『原初からの問い』
及川 馥:著