共和制の理念
イマヌエル・カントと一八世紀末プロイセンの「理論と実践」論争

A5判 / 376ページ / 上製 / 定価:5,000円 + 税 
ISBN978-4-588-15094-4 C1010 [2018年08月 刊行]

内容紹介

カントは理想主義的・非政治的な哲学者であったのか。『ベルリン月報』誌上における論争、『永遠平和のために』、『人倫の形而上学』等の内在的読解に加え、その思想を歴史的コンテクストに位置づけていくことにより、理念と現実との間を架橋しようとした実践的思想家としてのカント像を提示する。一八世紀末プロイセンの政治状況下においてカントが構想した変革の戦略を明らかにする野心的研究。

関連書籍

『カント読本』
浜田 義文:編
『新・カント読本』
牧野 英二:編