荒野にて
野沢協評論集成

A5判 / 550ページ / 上製 / 定価:6,400円 + 税 
ISBN978-4-588-15095-1 C1010 [2018年10月 刊行]

内容紹介

稀代の碩学は、『ピエール・ベール著作集』に代表される記念碑的な翻訳書や紀要論文のほかにも、数多くの優れた論考を発表した。新聞記事、絶版となって久しい刊本、若き日の自筆ノートなどから、一般読者の手に届きにくい重要な作品を選び、遺稿・評論集として一巻に集成。生涯最後の日々を費やして完成させた『愛国者の手紙』(本邦初訳)、講義ノート「グノーシス派」、卒業論文等を収録。刊行委員による解説付。

関連書籍

『夜の果てへ』
野沢 協:著