ものと人間の文化史 175

四六判 / 310ページ / 上製 / 定価:3,200円 + 税 
ISBN978-4-588-21751-7 C0320 [2015年11月 刊行]

内容紹介

日本誕生神話に記された島々の所在から南洋諸島の巨石文化まで、島をめぐる数々の謎を紹介するとともに、伝統漁法を中心に島民の生活を明らかにし、出産や葬送にまつわる習俗、独自の宗教や祭儀を通して、島の精神性におよぶ。柳田國男や澁澤敬三ら先学の業績をふまえつつ、人はなぜ島に惹かれるのかをも考える島嶼文化論。第二部に、島の概念規定をはじめとするマニュアル・データを収録する。

著訳者プロフィール

田辺 悟(タナベ サトル)

1936年神奈川県横須賀市生まれ、法政大学社会学部卒業、専攻は海村民俗学、民具学、文化史学、横須賀市自然・人文博物館館長、千葉経済大学教授、日本民具学会会長、文化庁文化審議会専門委員を歴任した。文学博士。2008年旭日小綬章受章。著書:『海女』『網』『人魚』『イルカ』『鮪』『磯』(ものと人間の文化史・法政大学出版局)、『日本蜑人(あま)伝統の研究』(法政大学出版局・第29回柳田國男賞受賞)、『伊豆相模の民具』『近世日本蜑人伝統の研究』『海浜生活の歴史と民俗』『マグロの文化誌』『民具学の歴史と方法』(慶友杜)、『潮騒の島──神島民俗誌』(光書房)、『母系の島々』(太平洋学会)、『城ヶ島漁村の教育社会学的研究』(平凡社・第2回下中教育奨励賞受賞)、『現代博物館論』(暁印書館・昭和61年度日本博物館協会東海地区業績賞受賞)、ほか。

※上記内容は本書刊行時のものです。

目次

プロローグ

第一部 島と人間の文化史
 Ⅰ 島の世界へ誘う
 Ⅱ 島の名前をめぐって
 Ⅲ 島の民俗(族)と文化
 Ⅳ 島の生活とその周辺
 Ⅴ 島々の伝統(旧廃)漁法
 Ⅵ 島々の巨石文化

第二部 島に関するマニュアル
 Ⅰ 島のマニュアル・データ
 Ⅱ 島で暮らす動物たち

エピローグ

引用・参考文献
あとがき

書評掲載

「季刊リトケイ」(2016 SPRING No.16 /鯨本あつこ氏・評)にて紹介されました。

関連書籍

『海女(あま)』
田辺 悟:著
『網(あみ)』
田辺 悟:著
『人魚』
田辺 悟:著
『イルカ(海豚)』
田辺 悟:著
『鮪(まぐろ)』
田辺 悟:著
『磯』
田辺 悟:著