日本の人形劇
1867-2007

第32回日本児童文学学会特別賞受賞
四六判 / 286ページ / 上製 / 定価:2,800円 + 税 
ISBN978-4-588-30049-3 C0074 [2007年12月 刊行]

内容紹介

「人形」とは何か。それを「動きを与えられることによって生命感をあらわすモノやカタチ」としてとらえ、パリ万博で日本の芸人が華麗な「蝶の舞」を見せてから今日まで、140年間にわたる日本の人形劇と人形演劇運動の歴史を跡づける。西洋人形芝居の初来日やドイツ人捕虜収容所の人形劇、大政翼賛会の人形劇から「ひょうたん島」や「いっこく堂」まで、人形劇を通して語る日本の近現代史でもある。