中世の港と海賊

四六判 / 278ページ / 上製 / 定価:3,200円 + 税 
ISBN978-4-588-30902-1 C3021 [2011年01月 刊行]

内容紹介

中世の瀬戸内海は、さまざまな海域を縦横に走りまわる有力海賊と、浦々を活動範囲とする小規模海賊がひしめき、一種の重層性ともいえる様相をもつ場であった。本書は、浦々や港の様相、景観に目配りしながら、瀬戸内海の交通や流通、そして軍事情勢にかかわった大小さまざまな海賊のありようを具体的に描きだすことで、中世日本の歴史を海から問いなおしていく。                     【日本中世史・海域史】