囚人と狂気
一九世紀フランスの監獄・文学・社会

A5判 / 318ページ / 上製 / 定価:5,400円 + 税 
ISBN978-4-588-37605-4 C1022 [2019年03月 刊行]

内容紹介

1843年、七月王政下の議会に提出された監獄法案は、少年と老人を除く全囚人を独房に収監するというものだった。囚人の社会復帰をめざす理想の監獄とその挫折をめぐって、新聞や学術論文、議事録、回想録や文学作品に表れた多様な論争的言説を掘り起こし、独房で精神を病んだ囚人が〈非理性〉や植民地へと追放されてゆく過程をたどる。犯罪と近代文学成立をめぐる表象文化研究の稀少な成果!

著訳者プロフィール

梅澤 礼(ウメザワ アヤ)

1979年生まれ。上智大学卒業後、ベルギー政府給費生、フランス政府給費生として留学したのち、2012年、パリ第1大学博士課程修了。日本学術振興会特別研究員を経て、現在富山大学准教授。専門は近代の文学と犯罪学。共著に『近代科学と芸術創造──19–20世紀のヨーロッパにおける科学と文学』(行路社、2015年)、訳書にカリファ『犯罪・捜査・メディア──19世紀フランスの治安と文化』(法政大学出版局、2016年)、『ラスネール回想録』(共訳、平凡社、2014年)などがある。

※上記内容は本書刊行時のものです。

目次

推薦のことば (ドミニク・カリファ)

序章
 1 監獄法案
 2 監獄をめぐる研究
 3 監獄をめぐる表象
 4 本書の構成

第一部 「狂った囚人」

第一章 一八二〇年代
 1 概 史
 2 欠如した存在としての囚人と足し算型の処遇
 3 囚人のための図書コンクール
 4 博愛主義
 5 悪臭と悪徳

第二章 一八三〇年代
 1 概 史
 2 博愛主義の名残
 3 トックヴィルとリュカ
 4 快適な監獄
 5 博愛主義批判と厳罰化
 6 「監獄は学校である」
 7 伝染病と犯罪
 8 統 計
 9 犯罪者の国家
 10 監獄という動物園
 11 骨相学
 12 「精神の奇形」
 13 監獄における性
 14 女囚の性
 15 監獄学の誕生
 16 新型囚人の登場とリュカの変節

第三章 一八四〇年代
 1 概 史
 2 囚人と労働者
 3 監獄法案への反論
 4 モン・サン・ミッシェル事件
 5 狂気とは何か
 6 「狂った囚人」の肖像
 7 泥水の浄化
 8 「狂った囚人」の犠牲
 9 監禁から流刑へ

第四章 一九世紀後半
 1 概 史
 2 空気の個別化
 3 空気から光へ
 4 マザス監獄
 5 マザス監獄と自殺
 6 小ロケット監獄の悲劇
 7 デジェネレッサンス理論の誕生
 8 デジェネレの肖像
 9 流刑の一般化

第二部 監獄と文学

第一章 一八二〇年代
 1 監獄と文学の出会い
 2 『ローラン、もしくは囚人たち』
 3 『アントワーヌとモーリス』
 4 囚人による作品
 5 囚人の新しい描写
 6 囚人文学

第二章 一八三〇年代
 1 バルザックと博愛主義
 2 リュシアンの獄死
 3 バルザックと監獄改革
 4 ラスネール伝説
 5 青年時代のラスネール
 6 作家としてのラスネール
 7 ラスネール伝説の起源

第三章 一八四〇年代
 1 『パリの秘密』と隠語
 2 文学と奇形学
 3 一つの法・二つの未来
 4 大ロケット監獄とジャン・ヴァルジャンの徒刑場
 5 小ロケット監獄とプチ・ピクピュス修道院

第四章 一九世紀後半─よみがえる黄金期
 1 『娼婦エリザ』とバイヤルジェ
 2 『娼婦エリザ』とレリュ
 3 ゴンクールによる監獄資料の批判的引用
 4 ラスネールとマルドロール
 5 怪物的犯罪者の実像への回帰

終 章
 1 監獄法案と流刑制度
 2 文学と監獄の関係
 3 犯罪学と文学の一世紀

あとがき
図版出典

人名索引

関連書籍

『犯罪・捜査・メディア』
ドミニク・カリファ:著