第九
世界的讃歌となった交響曲の物語

四六判 / 510ページ / 上製 / 定価:4,700円 + 税 
ISBN978-4-588-41022-2 C0073 [2007年12月 刊行]

内容紹介

「この口づけを、全世界に与えん!」──この有名な詩句を含むシラーの詩『歓喜に寄す』の発表から四半世紀以上もの歳月をかけ、ベートーヴェンが曲をつけて誕生した「第九交響曲」。ウィーンでの「第九」初演は1824年、日本では1918年6月、徳島県の板東俘虜収容所においてだった。本書は、フリーの著述家として名高いヒルデブラント氏が描き出す、世界的大成功をおさめた交響曲の物語である。