費用便益分析入門
ハーバーガー経済学・財政学の神髄

A5判 / 290ページ / 上製 / 定価:4,200円 + 税 
ISBN978-4-588-64546-4 C3033 [2018年09月 刊行]

内容紹介

経済的無駄の測定(ハーバーガーの三角形)、法人税転嫁、公的資金の社会的機会費用といった数々の先駆的研究によって現代経済学・財政学に大きな足跡を残してきた著者の初の邦訳。発展途上国での公的事業、貧困問題の解決に向けた政策提案の経験にもとづく、公正で効率的な資源配分をめざす「費用便益分析」の理論的エッセンスを凝縮した講義。財政・経済政策に関心をもつ読者に。

関連書籍

『連帯経済の可能性』
アルバート・O.ハーシュマン:著
『国家とグローバル金融』
エリック・ヘライナー:著