イベント情報

岩波ブックセンター信山社において、3月~8月まで6回にわたり開催される連続ブックフェア「大事に売っていきたい本」を記念したトークイベントが行なわれます。 (さらに…)

昨年1月に小局より刊行しました『アーカイブとは何か』の著者が来日し、名古屋にてイタリアのアーカイブ行政に関して講演いたします。 (さらに…)

10月27日(土)・28日(日)、一橋大学にて「第37回社会思想史学会大会」が開催されます。 (さらに…)

来たる11月3日(土)・4日(日)、東京女子大学にて「日本ライプニッツ協会・第4会大会」が開催されます。 (さらに…)

小局の最新刊『文化のハイブリディティ』(10月17日発売予定)をはじめ、多くの著書が邦訳紹介されているピーター・バーク氏(ケンブリッジ大学名誉教授)が来日し、下記の日程で講演会がおこなわれます。 (さらに…)

7月5日(木)~8日(日)の4日間にわたり、日本最大の本の展示会「第19回東京国際ブックフェア」が東京ビッグサイトで開催されます(一般公開日は7日・8日)。 (さらに…)

6月23日(日)より、MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店において、『ムネモシュネ・アトラス』刊行記念+表象文化論学会賞ブックフェア「表象文化論のアトラス」が開催されます。 (さらに…)

現在、東北大学生協の7店舗において、大学出版部協会ブックフェアを開催しています。 (さらに…)

6月4より、中央大学生協多摩書籍部において、『法政大学出版局全点フェア』を開催しております。 (さらに…)

6月2日(土)より、オリオン書房ルミネ店において、「みる・つくる・あそぶBOOKフェア」が開催されます。 (さらに…)

3月29日(木)より、イタリア文化会館において「イタリアブックフェア2012」が開催されております。小局からも、イタリアの碩学ヴァッティモによる思想エッセイ『哲学者の使命と責任』を出展しております。 (さらに…)

本年1月に小局より刊行しました『アーカイブとは何か:石板からデジタル文書まで、イタリアの文書管理』の出版記念講演会が、イタリア・ヴェネツィアにて開催されます。 (さらに…)

本年1月に小局より刊行しました『諸学の体系』に関連した、ティリッヒとパネンベルクの〈学問論〉をめぐる公開シンポジウムが開催されます。 (さらに…)

1月17日より、日本女子大学成瀬記念館において、《ものと人間の文化史》シリーズ『絣(かすり)』『染織(そめおり)』などの著者、染織家で鳥取県無形文化財保持者である福井貞子氏の作品展が開催されております。 (さらに…)

12月5日より、早稲田大学生協にて大学出版部協会ブックフェアを開催しています。 (さらに…)

※本イベントは終了いたしました。
ご来場ありがとうございました。
トークセッション当日の記録と資料こちらでご覧いただけます(動画あり)。
────────────────────────────────────

9月24日(日)、ジュンク堂書店池袋本店において、家辺勝文氏(『活字とアルファベット』)と互盛央氏(『フェルディナン・ド・ソシュール』『エスの系譜』)によるトークセッション「「文字」のあふれる時代に「ことば」の力を取り戻すために」が開催されます。

(さらに…)

7月7日(木)~10日(日)の4日間にわたり、日本最大の本の展示会「第18回東京国際ブックフェア」が東京ビッグサイトで開催されます(一般公開日は9日・10日)。小局は例年どおり「書物復権8社の会」「大学出版部協会」のブースにて、新刊書や好評既刊書を特別謝恩価格で展示・即売いたします。 (さらに…)

6月6日(月)より、丸善上智大学店において、大学出版部協会ブックフェア「知の世界・一つだけの本」が開催されています。 (さらに…)

東京堂書店で継続開催中の大学出版部協会連続フェアが、e-honサイトにて紹介されました。 (さらに…)

「編集者がおすすめする 歴史と出会うこの1冊」フェアがジュンク堂書店池袋本店4階で開催中です(1月21日~2月28日)。 (さらに…)