お知らせ

齋藤元紀著『存在の解釈学』が、「週刊読書人」(2012年7月6日号/秋富克哉氏・評)にて紹介されました。

三井さよ・鈴木智之編著『ケアのリアリティ』が、「出版ニュース」(2012年7月上旬号)にて紹介されました。

大橋完太郎著『ディドロの唯物論』が、「思想」(2012年7月号/玉寺賢太氏・評)にて紹介されました。

7月5日(木)~8日(日)の4日間にわたり、日本最大の本の展示会「第19回東京国際ブックフェア」が東京ビッグサイトで開催されます(一般公開日は7日・8日)。 (さらに…)

B.チェイス=リボウ著/井野瀬久美惠監訳『ホッテントット・ヴィーナス』が、「ハヤワカミステリマガジン」(2012年8月号/風間賢二氏・評)にて紹介されました。

三井さよ・鈴木智之編著『ケアのリアリティ』が、「看護管理」(2012年7月号)にて紹介されました。

B.チェイス=リボウ著/井野瀬久美惠監訳『ホッテントット・ヴィーナス』が、「週刊読書人」(2012年6月22日号/荒このみ氏・評)にて紹介されました。

張玉萍著『戴季陶と近代日本』が、「歴史学研究」(No.894、2012年7月号/嵯峨隆氏・評)にて紹介されました。

S.カヴェル著/石原陽一郎訳『眼に映る世界』が、「キネマ旬報」(2012年7月上旬号/北小路隆志氏・評)にて紹介されました。

S.カヴェル著/石原陽一郎訳『眼に映る世界』が、「出版ニュース」(2012年7月上旬号)にて紹介されました。

6月23日(日)より、MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店において、『ムネモシュネ・アトラス』刊行記念+表象文化論学会賞ブックフェア「表象文化論のアトラス」が開催されます。 (さらに…)

現在、東北大学生協の7店舗において、大学出版部協会ブックフェアを開催しています。 (さらに…)

G.ディディ=ユベルマン著/江澤健一郎訳『イメージの前で』が、「週刊読書人」(2012年6月15日号/河本真理氏・評)にて紹介されました。

田辺悟著『鮪(まぐろ)』が、「神奈川新聞」(2012年6月10日付)にて紹介されました。

6月4より、中央大学生協多摩書籍部において、『法政大学出版局全点フェア』を開催しております。 (さらに…)

C.T.モーハンティー著/ 堀田碧監訳『境界なきフェミニズム』が、「出版ニュース」(2012年6月上旬号)にて紹介されました。

G.ディディ=ユベルマン著/江澤健一郎訳『イメージの前で』が、「図書新聞」(2012年6月9日号/谷川渥氏・評)にて紹介されました。

J.ルカーチ著/菅英輝訳『評伝 ジョージ・ケナン』が、「西洋史学」(No.244、2012年3月発行/小野沢透氏・評)にて紹介されました。

6月2日(土)より、オリオン書房ルミネ店において、「みる・つくる・あそぶBOOKフェア」が開催されます。 (さらに…)

M.B.ベルティーニ著/湯上良訳『アーカイブとは何か』が、「図書新聞」(2012年6月2日号/和田敦彦氏・評)にて紹介されました。