書評掲載

中條忍著『ポール・クローデルの日本』が、「京都新聞」「大分合同新聞」「河北新報」「四國新聞」(2018年4月8日付)「秋田魁新報」(2018年4月1日付)「北國新聞」(2018年3月31日付)にて紹介されました。

エリー・アレヴィ著/永井義雄訳『哲学的急進主義の成立 IIIIII』が、「イギリス哲学研究」(第41号/有江大介氏・評)にて紹介されました。

リンダ・コリー著/中村裕子、土平紀子訳『虜囚』が、「イギリス哲学研究」(第41号/松園伸氏・評)にて紹介されました。

阿部崇著『ミシェル・フーコー、経験としての哲学』が、「週刊読書人」(2018年4月6日号/佐藤嘉幸氏・評)にて紹介されました。

吉田元著『醤油』が、「ダ・ヴィンチ」(2018年5月号)にて紹介されました。

ノルベルト・エリアス著/大平章訳『エリアス回想録』が、「図書新聞」(2018年4月14日号/市井吉興氏・評)にて紹介されました。

コンラート・パウル・リースマン著/斎藤成夫、齋藤直樹訳『反教養の理論』についての、訳者・齋藤直樹氏による紹介文が、「IDE現代の高等教育」(2018年4月号)に掲載されました。

E.トラヴェルソ著/宇京賴三訳『左翼のメランコリー』が、「出版ニュース」(2018年4月上旬号)にて紹介されました。

町田祐一著『近代都市の下層社会』が、「歴史学研究」(2018年4月号/大杉由香氏・評)にて紹介されました。

中條忍著『ポール・クローデルの日本』が、「出版ニュース」(2018年3月下旬号)にて紹介されました。

ミリアム・ブラトゥ・ハンセン著/竹峰義和,滝浪佑紀訳『映画と経験』が、「図書新聞」(2018年3月31日号/渋谷哲也氏・評)にて紹介されました。

マイケル・オークショット著/ティモシー・フラー編/野田裕久、中金聡訳『リベラルな学びの声』が、「出版ニュース」(2018年3月中旬号)にて紹介されました。

ゴットフリート・ベーム著/塩川千夏、村井則夫訳『図像の哲学』が、「図書新聞」(2018年3月17日号/井面信行氏・評)にて紹介されました。

イラン・パペ著/田浪亜央江、早尾貴紀訳『パレスチナの民族浄化』が、「信濃毎日新聞」(2018年3月4日付/安岡健一氏・評)にて紹介されました。

佐々木孝著/執行草舟監修『情熱の哲学』が、「産経新聞」(2018年3月4日付/桑原聡氏・評)にて紹介されました。

産経新聞

アリエル・シュアミ、アリア・ダヴァル著/大津真作訳『スピノザと動物たち』が、「出版ニュース」(2018年3月上旬号)にて紹介されました。

マイケル・オークショット著/ティモシー・フラー編/野田裕久、中金聡訳『リベラルな学びの声』が、「週刊ダイヤモンド」(2018年3月3日号「私のイチオシ収穫本」(吉田徹氏・評)にて紹介されました。

田岡嶺雲著/西田勝編・解題『田岡嶺雲全集 第六巻 評伝 評論及び感想五』が、「高知新聞」(2018年2月23日付/片岡雅文氏・評)にて紹介されました。

ヤン=ヴェルナー・ミュラー著/斎藤一久、田畑真一、小池洋平監訳/安原陽平、根田恵多、菅沼博子訳『憲法パトリオティズム』が、「週刊読書人」(2018年2月23日号/中道寿一氏・評)にて紹介されました。

小澤京子著『ユートピア都市の書法』が、「図書新聞」(2018年3月2日号/多賀茂氏・評)にて紹介されました。