書評掲載

土田知則著『現代思想のなかのプルースト』が、「読書人」(2017年11月10日号/岩野卓司氏・評)にて紹介されました。

アクセル・ホネット著/日暮雅夫、三崎和志、出口剛司、庄司信、宮本真也訳『私たちのなかの私』が、「図書新聞」(2017年11月11日号/辰巳伸知氏・評)にて紹介されました。

本田宏著『参加と交渉の政治学』が、「出版ニュース」(2017年11月上旬号)にて紹介されました。

本田宏著『参加と交渉の政治学』が、「生活経済政策」(2017年11月 第250号 武田宏子氏・評)にて紹介されました。

土屋喜敬著『相撲』が、「清流」(2017年11月号)にて紹介されました。

町田祐一著『近代都市の下層社会』が、「日本歴史」(2017年11月号/西成田豊氏・評)にて紹介されました。

池田有日子著『ユダヤ人問題からパレスチナ問題へ』が、「西日本新聞」(2017年10月22日付「郷土の本」)にて紹介されました。

マーティン・ヘグルンド著/吉松 覚、島田貴史、松田智裕訳『ラディカル無神論』が、「図書新聞」(2017年11月4日号/星野太氏・評)にて紹介されました。

土田知則著『現代思想のなかのプルースト』が、「山形新聞」「佐賀新聞」(2017年10月15日付)「神戸新聞」「徳島新聞」(2017年10月8日付)にて紹介されました。

P.ブーレーズ、J.-P.シャンジュー、P.マヌリ著/笠羽映子訳『魅了されたニューロン』が、「文藝春秋」(2017年11月号/片山杜秀氏・評)にて紹介されました。

町田祐一著『近代都市の下層社会』が、「歴史評論」(第810号/中島久人氏・評)にて紹介されました。

P.ブーレーズ、J.-P.シャンジュー、P.マヌリ著/笠羽映子訳『魅了されたニューロン』が、「日本経済新聞」(2017年10月14日付/望月京氏・評)にて紹介されました。

ダン・ザハヴィ著/中村拓也訳『自己意識と他性』が、「図書新聞」(2017年10月21日号/長滝祥司氏・評)にて紹介されました。

大野粛英著『』が、「日本医史学雑誌」(2017年第63巻第3号)にて紹介されました。

P.ブーレーズ、J.-P.シャンジュー、P.マヌリ著/笠羽映子訳『魅了されたニューロン』が、「出版ニュース」(2017年10月中旬号)にて紹介されました。

P.ブーレーズ、J.-P.シャンジュー、P.マヌリ著/笠羽映子訳『魅了されたニューロン』が、「毎日新聞」(2017年10月8日付/内田麻理香氏・評)にて紹介されました。

長沼美香子著『訳された近代』が、「図書新聞」(2017年10月7日号/伊藤真実子氏・評)にて紹介されました。

マリオ・インフェリーゼ著/湯上良訳『禁書』が、「毎日新聞」(2017年10月1日付)にて紹介されました。

本田宏著『参加と交渉の政治学』が、「読書人」(2017年9月29日号/佐藤嘉幸氏・評)にて紹介されました。

ジェラール・ノワリエル著/大中一彌、川﨑亜紀子、太田悠介訳『フランスという坩堝(るつぼ)』が、「社会思想史研究」(2017年No.41)にて紹介されました。