書評掲載

西山美久著『ロシアの愛国主義』が「アジア経済」(第60巻第1号、2019年3月/中村裕氏・評)に紹介されました。

田岡嶺雲著/西田勝編・校訂『田岡嶺雲全集』(全7巻)が「高知新聞」(2019年3月18日付/片岡雅文氏・評)に紹介されました。

エラ・ショハット、ロバート・スタム著/早尾貴紀監訳『支配と抵抗の映像文化』が「出版ニュース」(2019年3月下旬号)に紹介されました。

リュック・ボルタンスキー著/小田切祐詞訳『胎児の条件』が「読書人」(2019年3月15日号/片岡大右氏・評)に紹介されました。

ヨーゼフ・フォーグル著、羽田功訳『資本の亡霊』が「読書人」(2019年3月15日号/松本潤一郎氏・評)に紹介されました。

池田有日子著『ユダヤ人問題からパレスチナ問題へ』が「史学雑誌」(第128編第2号、2019年2月発行/小阪裕城氏・評)に紹介されました。

田岡嶺雲著/西田勝編・校訂『田岡嶺雲全集』(全7巻)が「岩手日報」(2019年3月9日付)に紹介されました。

真屋和子著『プルーストの美』が「ラスキン文庫たより」(2019年3月1日号/石井洋二郎氏・評)に紹介されました。

小林直毅編/西田善行、加藤徹郎、松下峻也、西兼志著『原発震災のテレビアーカイブ』が「環境アーカイブズ ニューズレター」(2019年3月1日発行 第4号/ 瀬尾華子氏・評)に紹介されました。

水野剛也著『有刺鉄線内の市民的自由』が「出版ニュース」(2019年3月中旬号)に紹介されました。

冨岡典子著『ごぼう』(ものと人間の文化史)が「日本民俗学」(No.297、2019年2月/市川秀之氏・評)に紹介されました。

ヨーゼフ・フォーグル著、羽田功訳『資本の亡霊』が「出版ニュース」(2019年3月上旬号)に紹介されました。

Th.W.アドルノ著/岡田暁生、藤井俊之訳『アドルノ音楽論集 幻想曲風に』が「図書新聞」(2019年3月9日号/水野みか子氏・評)に紹介されました。

ウィル・キムリッカ著/稲田恭明・施光恒訳『多文化主義のゆくえ』が「ダイヤモンド・オンライン」(2019年3月3日付/吉田徹氏・評)に紹介されました。

ウィル・キムリッカ著/稲田恭明・施光恒訳『多文化主義のゆくえ』が「図書新聞」(2019年3月9日号/安達智史氏・評)に紹介されました。

リュック・ボルタンスキー著/小田切祐詞訳『胎児の条件』(叢書・ウニベルシタス)が「図書新聞」(2019年3月2日号/山本由美子氏・評)に紹介されました。

サラ・S・リチャードソン著/渡部麻衣子訳『性そのもの』(叢書・ウニベルシタス)が「図書新聞」(2019年3月2日号/佐々木掌子氏・評)に紹介されました。

ウィル・キムリッカ著/稲田恭明、施光恒訳『多文化主義のゆくえ』(サピエンティア)が「出版ニュース」(2019年2月下旬号)に紹介されました。

エリー・アレヴィ著/永井義雄訳『哲学的急進主義の成立IIIIII』が「経済学史研究」(Vol.60 No.2 2019年1月発行/中井大介氏・評)にて紹介されました。

中江秀雄著『鋳物』(ものと人間の文化史182)が「鋳造工学」(Vol.91 No.2 平成31年2月発行/菅野利猛氏・評)に紹介されました。