書評掲載

F.ナイト著/深沢俊訳『ベートーヴェンと変革の時代』が、「赤旗」(2011年6月5日付/亀田美佐子氏・評)にて紹介されました。

H.ブレーデカンプ著/濱中春訳『ダーウィンの珊瑚』が、「毎日新聞」(2011年5月29日付)にて紹介されました。

P.クローデル著/宇京賴三訳『大恐慌のアメリカ』が、「週刊文春」(2011年6月2号/鹿島茂氏・評)にて紹介されました。

M.カルドー著/ 山本武彦・他訳『「人間の安全保障」論』が、「聖教新聞」(2011年5月25日付)にて紹介されました。

高村雅彦編著『タイの水辺都市』が、「東京新聞」(2011年5月24日付/自著を語る)にて掲載されました。

張玉萍著『戴季陶と近代日本』が、「朝日新聞」(2011年5月15日付/中島岳志氏・評)にて紹介されました。

香月洋一郎著『馬耕教師の旅』が、「日本農業新聞」(2011年5月9日付/大倉康伸氏・評)にて紹介されました。

大橋完太郎著『ディドロの唯物論』が、「週刊読書人」(2011年4月22日付/田口卓臣氏・評)にて紹介されました。

坂井洲二著『伊勢と仏とキリストと』が、「毎日新聞」(2011年4月20日付)にて紹介されました。

坂井洲二著『伊勢と仏とキリストと』が、「北海道新聞」(2011年4月10日付/葛西賢太氏・評)にて紹介されました。

大橋完太郎著『ディドロの唯物論』が、「東京新聞」(2011年4月3日付/BOOKナビ、佐々木敦氏・評)にて紹介されました。

J.デリダ著/福本修訳『アーカイヴの病』《叢書・ウニベルシタス947》が、「読売新聞」(2011年4月3日付/今福龍太氏・評)にて紹介されました。

李東俊著『未完の平和』が、「外交」Vol.6(2011年2月発行/大津留(北川)智恵子氏・評)にて紹介されました。

J.-L.ナンシー著/合田正人訳『限りある思考』《叢書・ウニベルシタス953》が、「週刊読書人」(2011年3月25日/西山雄二氏・評)にて紹介されました。

矢野憲一・矢野高陽著『』が、「伊勢新聞」(2010年11月7日付/岡正基氏・評)にて紹介されました。